スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
政見放送の録画取りをしました
2007 / 07 / 08 ( Sun )
  7月7日、政見放送の録画鳥のために東京・澁谷のNHK放送センターに行きました。

  放送の世界は緊張の連続で、数秒単位が問題になるところですね。何かに付けて大雑把な私などは、置いてけぼりになりそうな感じです。収録は公職選挙法に則っておこなうもので2回限りの一発勝負です。一回目は5秒オーバーでダメ、原稿を削って2回目は収まりました。

  最初の4分間を天木直人さんが一人で『9条ネット』の全体像も入れて訴え、その次に、私たち8名が13分間で順番に訴えました。個人プレーでなくチームプレイが大切です。6日の夜にもリハーサルをしてもらいましたのに、スタジオでは緊張も頂点に達しました。

  それにしても無事済みましたのは、大勢のスタッフのおかげです。感謝、感謝です。
スポンサーサイト
11 : 26 : 58 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(17) | page top↑
久間前防衛大臣の発言に怒りの声
2007 / 07 / 07 ( Sat )
  先日の久間前防衛大臣の「原爆投下はしょうがない」の発言は、「核も戦争も要らない」というヒロシマの心に挑戦状をたたきつけられたようです。そのうちに「日本が核兵器を持つこともしょうがない」というような世論づくりの露払いではありはせんか。

  被爆地ヒロシマでは被爆者団体、や平和団体が「このような発言をする人を大臣に据える安倍首相が問題・・・」などといっています。
  
  
  それにしても、参議院選挙もあってか、今回は対応が早かったですね。

  「小池さんが女性初の防衛大臣になって良かった」という人がありましたが、女性も男性も防衛大臣は要りません。
19 : 21 : 11 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
北海道の皆さん、お世話になりました。
2007 / 06 / 29 ( Fri )
  6月25日~27日、札幌~帯広~釧路と『9条ネット』の街宣車で「戦争より平和」、「戦争よりくらし」と訴えながら回ってきました。

  北海道は、私の生まれ育った広島県の実家のように、裏山が押し迫った中山間僻地と違って、広い畑や山林が延々と続いていました。行く先々が「大地」という感じです。
  釧路での昼食は魚市場で、150円払ってご飯を買い、その上に好みの刺身を乗せて食べる「勝手丼」でした。初めて食べさせてもらいましたが、美味しかったですよ。釧路に行かれましたら、是非一度、召し上がれ。

  新社会党は、6年間国政選挙をパスしてきました。そのつど活動家は、他党のポスター貼りやチラシ配りをしてきたそうです。私は選挙なるもの百姓される方の農繁期の手間返しのようなもの(隣近所が農作業でお世話になったり、お世話したり)と思っています。応援しておけば、応援で返してもらえるのは当然のことです。この間、新社会党が国政選挙を見送った分、他党の応援で護憲票の上積みに勤めてきました。
  今回「9条ネット」に手間返しをお願いしたいところですが、そうもいかないようで、今回も根こそぎもっていかれそうです。おそろしや、おそろしや。
14 : 47 : 07 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(8) | page top↑
お世話になっています。
2007 / 06 / 20 ( Wed )
  このところ各地で、後援会のみなさんに挨拶回りの案内をしていただいています。

  平素から地域活動を大切にされ、信頼関係を築かれているなかでの挨拶回りは何処に行ってもはじめての私を温かく迎えてくださり、疲れも吹っ飛びます。「お体に気をつけて、がんばってください」と気遣ってくださいます。何と選挙というものは大勢の人にご心配をかけ、お世話になることかと思います。勝利させてもらうことで、ご恩がえしになるのでしょうか。
17 : 35 : 29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
20歳代の若者と行動
2007 / 06 / 13 ( Wed )
  『平和大好き!輝く女性たちの会』で毎月おこなっている『九の日行動』は私が9日に岡山市内での決起集会に行ったためできませんでした。6月10日に一日遅れではあったけれども『9条ネット』の旗を立てポスターを貼り、チラシ配布などの街宣行動を行ないました。

私たちが、その準備をしていると広島市内の大学を出て現在フリーターをしているという、29歳の青年がチラシ配りなども手伝ってくれました。最初に共同代表の室本けい子さんと私がしゃべり、青年に「何か青年の立場から、アピールしませんか」とマイクを渡しましたら、彼もはじめは躊躇していましたが、そのうち大学時代平和学で学んだことを30分以上はなしてくれました。いつもは50代~60代のおばさんばかりなのに、『九の日行動』で20歳代の若者がマイクを持って話してくれたのは初めてのことでした。いまどき憲法や政治に興味を示す青年は貴重な存在ですね。
10 : 31 : 25 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(3) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。